MENU

Chatter post投稿ひろば

あなたにとっての「おでん」

2019/11/01

ようやくおでんや鍋がおいしい季節になって参りましたよね🍲

築地家でもこの秋、10月に入ってすぐに1回目のおでんを作りました🍢

我が家にとって おでん」は完全におかず。特に一日目のおでんは夕飯のおかずですね🤔 ご飯と一緒にいただきます。翌日は私の朝食の主食兼おかずになったりはしますが、二日目もやっぱり夕飯のおかずにもいただきます。

でも、よく言われるのが「おでんはおかずにならない」との説。我が家では完璧おかずなのですが、もう1品ご飯を食べるためのおかずが必要だったり、お酒を飲む方にとってはおつまみ、またはおやつや、私の朝食のように、主食を兼ねたおかず、という感じでお使いの方もいらっしゃるかもしれませんね!😊

さて、皆さまにとって「おでん」はどんなメニューですか?

 

ということで、今月のテーマは『あなたにとっての「おでん」』

【プレゼント応募投稿期間】
2019年11月30日(土) まで

【プレゼント内容】
◇素敵なご投稿をお送りくださった方の中から5名様に
[紀文商品詰め合わせ]をプレゼント♪

たくさんのご投稿、心よりお待ちしております!😄❣

 

※プレゼントご当選の方には別途メールにてお送り先をお伺いいたします。

フィッシュケーキクラブ

投稿する
るるた さん
2019/11/16

大人も子供もみんなにおいしいおかず。

毎日、家族の好みを考えてメニューを考えるのは大変!!
でも、おでんだと子供が好きな卵や餅入り巾着、大人が好きなつみれに牛すじなどいろいろなものを入れられるので誰からも文句が出ません♪

ぴ子 さん
2019/11/16

大好物のスピンオフ

おでんといえば冬には毎年食卓の常連になるメニューです。母は魚河岸揚げ、父は牛筋、弟は大根、私は餅巾着が好きで、全員の違った好物が入っているのでみんなおでんが好きだし取り合いにならず助かっています。(笑)
同じ一つの「おでん」という食べ物なのに、家族全員、それぞれにとってのおでんの主役が違うので、同じシリーズでも主役が代わるスピンオフのような料理だなと思っています。

ニンジャ さん
2019/11/16

おでん大好きです。中でもはんぺん、ちくわ大好きまわりの味を吸い込んでどんな味にも変化します。紀文のはんぺん、ちくわが大好きです❤️

ぱちょん さん
2019/11/15

最後のお楽しみ

我が家のおでんも完全にご飯のおかずです。
子供の頃から「好きなものは最後」主義の私。今は大好物の大根も、当時は最初に食べるべき具材で、最後の〆は何と言っても卵とじゃがいもでした。じゃがいもは入れない家庭もあるようですが、おでんだしのしみたじゃがいもは最高!そのじゃがいもと卵を崩して汁ごと飲むのが、本当に美味しくて楽しみでした。
今はほとんどおでんにじゃがいもを入れないのですが、久しぶりにじゃがいも入りおでんを作って、あの味を再現してみようかな?

もも太 さん
2019/11/15

それぞれのおでんだね。

夕飯におでん鍋が登場すると、我が家の食卓はたちまち屋台になる。
暖簾からモヤモヤと立ち上る湯気。
まさに今がそのときだ。
母はくたくたになったはんぺんを、連続四個食べている。
姉は熱々の卵を、およそ二口で食べきった。
正面の父は熱燗をちびちび飲み、ちくわの穴から私たち家族を眺めている。
それぞれのおでん種はそれぞれに幸せを運んでくれる。

小野 史 さん
2019/11/15

おしゃべりなおでん鍋

毎年、冬が近づくと大根を一本買って、具材を買い集めて、土鍋を出します。今年も寒くなってきたので、先週おでん鍋をつくりました。
子どもたちが好きな具材をひとつずつ入れて、クツクツ、クツクツ。
おしゃべりなおでんたちといっしょに、私たちの会話も弾みます。幼稚園であったできごと、小学校で楽しかったこと、おでんたちも喜んできいてくれているようです。
土鍋を取った瞬間、子どもたちの歓声があがります。その様子をみて、ほっと一息。
これから冬本番、おでんをつくりながら、わいわい食べながら、子どもたちのゆかいな話に耳を澄ますのが、とっても楽しみです。

にゃっきー さん
2019/11/15

卵を取り合った思い出のおでん

子どもの頃、おでんは私たち兄弟にとって冬の一番楽しみな夕飯でした。
我が家の母は働き者で忙しく、なかなか時間のかかる夕食は作れませんでした。おでんは煮込む時間がかかるので、母がお休みの日だけ時間をかけて作ってくれる、特別な料理だったのです。
外が暗くなり始めた頃、キッチンから二階の子供部屋まで香ってくるおでんの香り。嬉しくて、作っているところを弟と見に行っていました。
「卵たくさん入れてね。」「餅巾着はないの?!」と鍋を見ながらワクワクした気持ちと、少し寒い部屋の中に充満するあたたかいおでんの香り。
もうあの頃には戻れないけれども、今は自分が娘たちに煮るおでんの香りをかぎながら、時折あのワクワクした気持ちを思い出します。

あすか さん
2019/11/15

おでんは、栄養の宝庫

ふたりの娘を育てる私にとって、おでんは栄養の宝庫!
まだ小さな子供たちの体のことを考えると、毎日のごはん作りは栄養バランスを考えることで必死。一生懸命何品も作っても、これはイヤ、あれはイヤ、と残った大量のおかずを1人で片付けることもしばしば…。
でもおでんなら、子供たちも楽しく食べられ、しかも一品であらゆる栄養を網羅!冬場の、母の味方です。

コイモのママ さん
2019/11/15

主人曰く

主人の場合はご飯のおかずでなく、お酒のツマミだそうです。私はご飯のおかずになるのですが。

つるピカ さん
2019/11/14

おでんは最高

愛知県民の私は、おでんといえば味噌おでん。ごはんにも合うし、子供のころは特に楽しみにしていましたね。成人したころ、初めてみそおでんではないおでんを食べました。味が薄くて、ナニコレ、と思ったことを覚えています。しかし60歳を過ぎた今では、味噌おでんより、おでんのほうが好きかも。

野いちご さん
2019/11/14

ショック!増えるおでん!?

子供の頃おでんはいつも母が大鍋で作っていました。
量が多いので2、3日目も食べるのは当たり前でしたね。
確かに味が染みていて美味しいのですが、これでもうおでんは食べ終わっただろうと思っていると、まだまだ出てきてうんざりしたことがあります。
母が具を継ぎ足していたのですね。
増えるおでんが子供心にショックでした(*^-^*)
そのせいか今でもあんまりおでんが好きじゃないです(笑)

雪だるまおかん さん
2019/11/14

練炭火鉢で作ったおでん

おでんは、煮込めば煮込むほど美味しいと聞いて育ちました。
幼い頃、父母が忙しく、冬になると練炭火鉢に大きな鍋をかけて、おでんをずっと煮込んでいた記憶があります。鍋に具材を入れておきさえすれば、手間がかからず、仕事が終わる頃には、おいしいおでんが出来上がっていました。
仕事がなかなか終わらない時は、おでんのおいしい臭いが部屋中に充満して、お腹が余計に空いたりしましたが、やっと夕食となって、家族で食べるおでんは、今でも忘れる事ができない味です。
一日目より、二日目が美味しいと思うので、いつも多めに作っています。主人は、辛子派ですが、私は名古屋の味噌おでん派です。
簡単に作れて美味しいおでんは、寒い冬には、週一で食卓に上る定番メニューです。

くますけ さん
2019/11/14

おでんは土鍋が最高!

我が家のおでんは、必ず土鍋で作ります。土鍋につゆを入れてから、隠し包丁をいれた大根(下茹で無し)、皮をむいたジャガイモ、熱湯を掛けた練り製品、ゆで卵等の具材を全て入れて(はんぺんだけは入れません)火にかけます。土鍋が沸騰して、湯気が上がり、ぐつぐつと煮立ってきた所で火を止めます。煮立った土鍋を2枚位重ねた新聞紙でよく包みます。新聞紙で包むのを何回か繰り返しグルグル巻きにして土鍋から熱が逃げないようにします。更に大きな布でくるんで2、3時間置いておきます。
2、3時間たってから開けてみると、大根によっても違いますが、コトコト煮込まなくても、いつもだいたい柔らかくなっています。
まだ柔らかくなっていない時は、もう少し火にかけて煮込んだりしますが、大抵は大丈夫なので、食べる時に温めて最後に、はんぺんを入れるくらいです。
いちばんのポイントは、新聞紙でキッチリ包むのと、土鍋をよく沸騰させる事だと思います。
我が家では、土鍋のちからを実感出来るのがおでんです。

うみい さん
2019/11/14

懐かしのお昼ごはん

独身時代、仕事の合間のお昼ごはんがとても楽しみだった私。
寒い季節になると、ほぼ毎日コンビニで、おでんを買って食べていたなぁ、と懐かしくなります。
 残ったスープに麺と、ラーメンスープ顆粒を入れると、〆の和風ラーメンに。ここにゆず胡椒を入れるとまた美味しい! 家で食べるおでんとはまた違った美味しさが新鮮で、それがやみつきになりました。
 今は結婚して、二人の子供を育てる主婦となりましたが、おでんを見ると、当時の自分を思い出します。
 話変わって、先日には今までにない台風を経験しましたが、パックおでんに助けられました!常温で日持ちし、美味しさは変わらない。
懐かしのおでんは、今は頼もしいおでんでもあります。

金子めぐみ さん
2019/11/13

おでんには菜飯^^

そろそろおでんが食べたいなぁ、という季節になると栃木県の北部へドライブします。
それは、美味しい高原大根を手に入れるため!!

足湯と紅葉を楽しみたいなら、那須塩原市の塩原温泉郷。
おでんにもつかう名水を汲んでくるなら塩谷町の尚仁沢湧水。

秋のドライブを満喫したら、必ず高原大根をおみやげにして、翌日は……お・で・ん^^

おでんって、ちょっとおかずになりにくい気がするのですが、栃木で売られている高原大根には立派な葉っぱがついているので、菜飯にするとおでんとの相性抜群なんです。

大根の葉はバラバラにならないように大根の頭をちょっとだけつけたまま、たっぷりのお湯で一分くらい湯がきます。
トングで(菜箸だと重すぎるので・笑)お湯からひきあげて、すぐに冷水で冷やすと色がきれいになります。

先の方の葉っぱ部分はほかの料理に使い、菜飯には根元の方、茎をつかいます。
端から小口切りにして、塩をまぶして少し置いておくと水分が出るのでぎゅっと絞って炊きたてのごはんに混ぜます。味をみて、おにぎりの塩加減くらいにします^^

透明感のあるきれいな翡翠色にさっとゆでてある大根葉の菜飯は、茶色で地味なおでん(笑)の食卓ではとてもきれいにみえますし、サラダなどの副菜をつくらなくてもいいな、と都合よく解釈しています~^^

おでんのときはごはんを食べずにビールや日本酒を飲む方も、締めに菜飯(手間をかけたい方はおにぎりにしても最高!)があると爽やかなさっぱり感です。

ああ、こうしてご紹介していたら食べたくなっちゃいました。わたしはシングルマザーなので、自分で運転なんですけど、ドライブは好きなので楽しみです!!
いつか、子どもと別居するようになったら、一緒に秋のドライブして大根買って、一緒におでん食べてくれるダーリンに出会いたいなぁ…。

きなこ さん
2019/11/12

冬のあったかおかず♪

おでんはおかずです!
冬の食卓での楽しみのひとつでもあります。
おかずにも、おやつにも、軽食にもなり栄養もありヘルシー食だと思います。
今までおでんはコンビニで買っていたけれど、もっと沢山食べたいなぁと家族と話していて作るようになりました。
具は何を入れようか、と話すのもなんだかワクワクするのも冬ならではといった感じもおでんのいいところですね。

キイロイトリ さん
2019/11/11

最高の一品!

おでんは「おかず」にもなるし「最高の食材」にもなるので大好き!
夏にアツアツのおでん食べると、汗が出て夏バテ防止にもなる。
冬だと、心身ともに温まる。
それに、残ったおでんの具材で【お好み焼きの具材になる!】
中でも、おすすめはこんにゃく・ちくわ・すじですね。
味が隅々までしみ込んでいるので、お好み焼きの具材に最適!
こんにゃく・ちくわは、小さくカットして生地に混ぜ合わせる。
すじ肉は一口大にカット。同じく生地に混ぜ合わせることで美味しくなる!
すじ肉は、食べれなかったのですがお好み焼きのおかげで食べれるようになりました♪
【おでんは最高のおかず!そして最高の食材です!】

のんのん さん
2019/11/11

私はおかず!そして夫はおかずではないという(泣)

私はおでんは大おかず!という家で育ち、一杯作って二日目おでんも食べてました。もちろんどんだけ具をいれるんだ。という感じで。
がしかし結婚して初めてのおでん。夫が一言。晩御飯これだけ?メインは?
はいー?いやここにメインのおでんがあるでしょう。とひと悶着あり納得できない夫。そんなこんなですっかりシンプルおでんしか作らなくなってしまいました。そして一日完食です。二日目おでんが恋しい。

apple56 さん
2019/11/11

おでんは半おかずです

おでんは寒い季節体も温まり、具材に変化をつければマンネリ化も防げます。
おでんはおかずか違うかと問われると、半分おかずですね。というのもおでんはついおでんを食べすぎるのでごはんがいつもより少量になるのが常です。なるべく残らないように作りますが、翌日食べることもあります。
そんな時はおでんの量も少ないのでおかずにします。
最近はコンビニで買う人もいますが、やはりおでんは家で作って家族で囲んで食べるのが一番です。

力好 さん
2019/11/11

最高の

最高に美味しい。
というのはもちろんの事ながら・・・
最高のダイエット食
最高のスピードメニュー

そして一点、
みんなで食べる料理の中でおでんには唯一無二のポイントがある。
鍋や焼肉の場合は有無を言わさず入れてくる人がいたり、雑炊にするからと食べたくもない一杯の押し付け合いが待っていたりするがおでんは自分の好きな具材を自分の好きな量だけ食べることができる。

・一人暮らしで野菜不足
・せっかち
・小食
・寒がり
な私にとっておでんほど外食で選ぶのに最高なメニューはないのだ。