印刷用レシピ1 印刷用レシピ2 印刷用レシピ3
お腹満足の楽ちん丼

子どもにっこり!

子どもにっこり!

揚げワンタンの甘酢丼

ちくわとたらこマヨネーズの黄金コンビに、野菜の食感を添えて。

揚げワンタンの甘酢丼

材料(2人分)

  • 肉ワンタン1パック
  • マリーン1本
  • ほうれん草1袋
  • 長ねぎ(白い部分)10㎝
  • 揚げ油適量
  • ごま油少々
  • ごはん適量
  • A

    • おでん汁の素小さじ1/2
    • 100cc
    • 砂糖大さじ2
    • 大さじ2
    • しょうゆ小さじ1
    • 片栗粉小さじ2

作り方

  1. 肉ワンタンを油で揚げる。マリーンは食べやすい大きさに、ほうれん草は5㎝長さに切る。長ねぎは長さを半分に切り、白髪ねぎを作る。
  2. 鍋を中火にかけ、ごま油を熱し、ほうれん草をさっと炒める。Aを加え、とろみがつくまでよく混ぜながら煮る。
  3. 丼にごはん、ほうれん草入りの甘酢あん、揚げワンタンを盛り付け、マリーン、白髪ねぎをあしらう。

COMMENT

・ワンタンはフライパンで多めの油で揚げ焼きにしてもOK。焦げやすいので中火で調理しましょう。

・ほうれん草のえぐみは、牛乳やじゃこなどカルシウムと一緒に食べたり、このレシピのように油で調理すると抑えることができます。

おとな味

おとな味

玉ねぎ天で簡単カフェ丼

からし風味の照り焼きソース丼。マヨネーズを絞ってカフェめし風に。からしを抜けばお子さまにも。

玉ねぎ天で簡単カフェ丼

材料(2人分)

  • シャキッと玉ねぎ天3枚
  • アボカド1個
  • サラダ油小さじ1
  • ごはん適量
  • 刻み海苔少々
  • マヨネーズ適量
  • 白ごま少々
  • A

    • しょうゆ大さじ2
    • みりん大さじ2
    • 砂糖小さじ1
    • からし小さじ1

作り方

  1. 玉ねぎ天とアボカドをひと口大に切る。Aの材料をよく混ぜておく。

  2. 鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎ天を炒める。焼き色がついたらアボカドを加えてさっと炒め合わせ、Aを入れてからめる。
  3. ごはんの上に2を盛りつけ、刻み海苔を散らす。マヨネーズを絞って飾り、白ごまをふる。

COMMENT

・照り焼きソースをお好み焼きソースに替えても美味しい!

チェック!人気メニュー

チェック!人気メニュー

ちくわのツナボート

ちくわのツナボート

ミニトマトも加えてサッと加熱。
いろどりが豊かになり、味のアクセントにもなります。

レシピを見る

秋刀魚~さんま~

秋刀魚~さんま~

旬のお魚、今月は?季節を感じておいしく食べましょう!

秋刀魚~さんま~

栄養豊富で「海のミルク」と呼ばれる牡蠣。日本で主に流通しているのはマガキとイワガキで、天然の牡蠣は非常に少なく、ほとんどが養殖ものです。
マガキの旬は冬。産卵期を迎える4月前までが美味しい時期で、11月頃から身が詰まりはじめ、香りも増してきます。
イワガキは大きく成長する牡蠣で、夏(6~8月)が旬とされます。
かつてヨーロッパやアメリカのマガキ類が死滅する危機に瀕した際には、日本から稚貝が提供され、日本生まれのマガキが世界中で養殖されるようになりました。
「生食用」と「加熱用」が販売されていますが、区別の基準は鮮度の違いではなく、養殖環境。栄養価や旨みは加熱用の方が勝りますので、加熱調理の場合は加熱用を選ぶのが正解です。

Instagram