印刷用レシピ1 印刷用レシピ2 印刷用レシピ3
夏のランチは冷たい麺類!

子どもにっこり!

子どもにっこり!

チーちくジャージャー麺

真っ白でクリーミーなチーちくが、見た目にも味にも良いアクセントに!

チーちくジャージャー麺

材料(子ども2人分)

  • チーちく®2個
  • きゅうり1/2本
  • 豚ひき肉200g
  • にんにく(みじん切り)小さじ1
  • しょうが(みじん切り)小さじ1
  • 玉ねぎ(みじん切り)1/4個分
  • たけのこ水煮50g
  • 干ししいたけ2個
  • A
  •   水250cc
  •   赤味噌大さじ3
  •   醤油大さじ1
  •   砂糖大さじ3
  •   鶏がらスープ小さじ1
  • ごま油小さじ1
  • 片栗粉小さじ1(倍量の水で溶く)
  • 中華麺1袋

作り方

  1. チーちく®は縦に6等分に、きゅうりはせん切りにする。たけのこ、水で戻した干ししいたけは5mm角に切る。Aの材料をよく混ぜ合わせておく。
  2. 鍋にごま油を熱し、にんにく、しょうが、玉ねぎを炒める。良い香りがしてきたら豚ひき肉、たけのこ、しいたけの順に炒め、Aを加えて5分ほど中火で煮たのち火を弱めて水溶き片栗粉でとろみをつける。
  3. 中華麺は茹でて冷水でよくもみ洗いし、水気をしっかり切ってごま油(分量外)少々をまぶす。
    器に中華麺、肉味噌、チーちく®ときゅうりを盛り付ける。

COMMENT

・ジャージャー麺にクリーミーなチーちく®がマッチします。

・きゅうりは斜めに薄切りにしてからせん切りに。色のバランスが良くなります。

・作りやすいように、肉味噌は少し多めの分量になっています。

おとな味

おとな味

野菜で食べるつけ麺

ラー油をきかせて、冷や熱でいただきます!

野菜で食べるつけ麺

材料(2人分)

  • 糖質0g麺(丸麺)2袋
  • レタス2枚
  • きゅうり1/2本
  • 人参5cm
  • 香菜少々
  • つけだれ
  •  セロリ3cm
  •  長ねぎ3cm
  •  にんにく(すりおろし)少々
  •  マヨネーズ大さじ1
  •  みりん50㏄
  •  ポン酢しょうゆ100㏄
  •  ラー油少々

作り方

  1. レタス、きゅうり、人参はせん切りに、セロリ、長ねぎはみじん切りにする。
  2. 耐熱容器にセロリ、長ねぎ、にんにく、マヨネーズ、みりんを入れて混ぜる。ポン酢しょうゆを少しずつ加えながら均一になるように混ぜ、電子レンジで1分30秒加熱する。ラー油を加えてお好みの辛さに。
  3. さっと洗って水気を切った糖質0g麺と野菜、香菜を盛りつけ、つけだれを添える。

COMMENT

・つけだれはくせになるおいしさ。茹でたキャベツやオクラなどにも合います。

チェック!人気メニュー

チェック!人気メニュー

はんぺんのハムカツサンド

はんぺんのハムカツサンド

夏野菜のマリネは多めに作り置きしておくととても重宝。
糖質0g麺との相性も◎です。

レシピを見る

鰹~かつお~

鰹~かつお~

旬のお魚、今月は?季節を感じておいしく食べましょう!

鰹~かつお~

うなぎの旬は、土用の丑の日で知られる7月?
実は、天然ものの場合、冬を越すのに備えて脂肪をたくわえる10~12月が、身も柔らかくなり美味とされます。とはいえ、うなぎは夏バテ予防に効果的なビタミン類が豊富ですから、天然ものの旬にはこだわらないで夏に食べるのは理にかなっているといえますね。
うなぎは、万葉集にも登場するほど日本人にはなじみの深い食材。近年は養殖も需要に追いつかず、海外からの輸入が多くを占めています。稚魚のシラスウナギの減少で、価格も「うなぎ登り」ではありますが、季節の風物詩としてもぜひ味わいたいものです。
蒲焼きはもちろん、ねぎ、ごま、刻み海苔などの薬味をたっぷり添えて「ひつまぶし」風にアレンジしていただくのも華やかで楽しい食卓におすすめです。

Instagram