フィッシュケーキクラブ

紀文食品ウェブサイトへ

こんにちは ゲスト さん!

おうちで楽ちん ちゃんとごはん

  • 意外に知らなかった量り方「調味料の量り方」
  • きれいに見える切り方をご紹介「材料の切り方」
  • レシピを印刷
  • レシピを検索

ごちそうスープボウル つるっとのどごし爽やかなワンタンと豆乳のスープランチ

ごちそうスープボウル
01 つるるん海老ワンタンスープ
(2人分)
海老ワンタン 1 パック
無調製豆乳 400cc
みょうが 2 個
青じそ 2 枚
長ねぎ(白い部分) 5 cm
ごま油 小さじ1
冷水 100cc
作り方
  1. 鍋に湯をわかし、海老ワンタンを3分茹でて水にとり、冷やして水気を切っておく。みょうが、青じそは、せん切りに。長ねぎは白髪ねぎにする。
  2. ボウルに豆乳と冷水を入れ、添付のスープ2袋を入れて混ぜておく。
  3. 器に(1)を盛りつけ、(2)を注ぐ。仕上げにごま油をたらし、風味をつける。
    ※より冷たく仕上げたい場合は、氷を2〜3個入れても良いでしょう。
02 焼ちくわのマヨグリル
(2人分)
焼ちくわ 1 本
赤パプリカ 1/4個
グリーンアスパラ 2 本
<マヨネーズソース>  
マヨネーズ 大さじ4
みりん 小さじ1
白みそ 小さじ1
粉山椒 小さじ1/4
作り方
  1. 焼ちくわを、縦半分に切り、3等分する。パプリカは種とへたをとり4つに切る。グリーンアスパラも3つに切る。それぞれを2本分に彩り良く並べ、竹串を刺す。
  2. マヨネーズソースの材料を混ぜておく。
  3. アルミホイルに(1)をのせ、余熱をしないオーブントースターで約5分素焼きし、(2)をかけてさらに5分焼く。
    ※素焼きの段階で焦げすぎないように、アルミホイルをかぶせて調節する。
おいしいワンポイント 薬味で季節を演出 薬味で季節を演出

さまざまな料理に利用される薬味には、繊細な季節の香りを伝えるほか、料理の味そのものを引き締める役割もあります。
また和食でよく使われるしょうがやわさびには、魚の臭み消しのほかに、細菌の増殖を抑える効果もあります。薬味の香りと食感をアクセントにしながら、たっぷりいただきましょう。

ねぎやみょうがは、ひと手間加えてから保存するとすぐに使えて便利です。細かく切って水にさらし、しっかりキッチンペーパーで水気を切ってから冷蔵庫で保存すれば、2〜3日はシャキシャキとした食感と香りを維持することができます。冷凍保存もできますが、香りを楽しむためにも早めに使うことをおすすめします。

キッチンデビューは「型抜き」で!

簡単にできるおやつ作りは、お手伝いを始めるファーストステップにぴったり。
自分の力で「料理ができた」と感じて自信にもつながります。
まずは、工作感覚で挑戦できる型抜きから始めてみましょう。

くずもち
をかわいい型で抜いて、黒蜜やきなこ、ゆであずきなどを添えれば、子どもからお年寄りまで楽しいおやつタイムに。季節のフルーツを星形やお花に型抜きするだけでも、いつものおやつが、ちょっと華やかになります。
りんごジュースなどで寒天液を作って固めてみましょう。寒天は常温で固まるので、型を氷水に浸けて冷やすと、固まるところも観察できて楽しいですね。

くずもち