フィッシュケーキクラブ

紀文食品ウェブサイトへ

こんにちは ゲスト さん!

『おしゃべり投稿』にお寄せいただいた投稿の中から、
築地みさえが選んだ今月のピカイチ“エピソード” をご紹介します♪ 選ばれた方には3,000円相当のプレゼントもご用意。みなさんもぜひ挑戦して下さいね!
※『おしゃべり投稿』へのご参加は、フィッシュケーキクラブへの会員登録が必要です。
 ご投稿に関する規定   → プライバシーポリシー

グッドエピソード賞はこちらから

2015年9月テーマ『私が今夢中になっていること!』 【dokidokiくんです】さんより

夢中になっているのは家庭菜園です。病気で動けなくなった父の畑に、見よう見まねでジャガイモやキュウリやナスの苗を植えたのが始まりでした。その間に大事な人を続けて亡くし、気持ちと裏腹に身体が動かなくて、収穫前の野菜を幾つも駄目にしてしまいました。それでも、植物とは凄いものですね。蒔けば芽が出るし、育って収穫できる。そして畑仕事も少しずつ出来るようになりました。今年の夏は、とうもろこしが豊作でした。蒸かしたり、ヤングコーンにしたり。美味しいものは心も体も癒やしてくれますね。そして無心に畑で汗をかくことが癒やしに繋がっていったのかもしれません。

 
お身体を悪くされて畑仕事が出来なくなられたお父様から引き継いでの家庭菜園、初めてのことでさぞ大変だったことでしょうね。
その後もお辛いことが続いたようですが、結局 dokidokiくんです さんのお気持ちを救ってくれたのもお父様の畑で植物を育て、実った野菜達をおいしくいただく、ということだったのですね(^^)
やはり何か無心で取り組めることがあるというのは心にとっても大切なことなのだと思います。
これからもお父様の畑での豊作を心から祈りつつ、グッドエピソード賞とさせていただきます!

2015年9月テーマ『私が今夢中になっていること!』 【ねこまんま】さんより

ここ数年、パン作りにはまっています。
それも天然酵母作りから。
レーズンやリンゴなどから1週間ほどかけて酵母を起こし、それを素にしてパンを焼くわけですが、ドライイーストと違って発酵に時間がかかるため、朝仕込んでも焼き上がるのは夕方。
焼いている時の香ばしい香りと、もちもち食感の美味しさは、もう格別です!

 
私はねこまんまさんのご投稿を読ませていただくまで、天然酵母がレーズンやりんごから起こせるなんて全然知りませんでした w(°0°)w
しかも一週間もかけてだなんて!
そんなに手間ひまをかけて作られたパンがおいしくないはずがないですよね(^^b
いつかそんなパンを食べてみたいなぁ、きっとすごく幸せな気持ちになるんだろうなぁ、なんて思ってしまいました。
そんなパン作りをいつまでも続けて欲しい、そんなねこまんまさんにグッドエピソード賞をお贈りします♪

2015年9月テーマ『私が今夢中になっていること!』 【ちい】さんより

私が今すごく夢中になっていることはプラパン作りです。
私が小学生の頃に一度プラパンが流行ったのですが、最近また巷で流行りだしているのを知り、懐かしい〜と思い作ってみると面白くて完全にはまってしまいました(笑)
6歳の娘と4歳の息子と一緒に簡単な工作感覚で作っています。子ども達が描いたり色を塗った絵を私がプラパンに写し、キーホルダーにしてあげたところ大変喜んでくれて毎日幼稚園のカバンに自分たちで作ったキーホルダーをぶらさげています。
私自身が幼い頃に遊んだプラパンでまさか子ども達と遊べるなんて・・・本当に楽しいです♪


 
プラバン作り、我が家の子供達が小さかった頃のことを思い出してすごく懐かしい気持ちにさせていただきました(^^)
加減を覚えるまで、小さく厚ぼったくなり過ぎたり、まっすぐにならなかったり、結構コツがいるんですよね!
もうプラバンを作って喜んでくれる小さい子はいませんが、何だか自分の為に何か作ってみたくなりました!
そんな懐かしい気持ちを思い出させて下さったちいさんにグッドエピソード賞をお贈りします!(^^b

2015年7月テーマ『思い出の味、と言ったら・・・?』 【もちもちころ】さんより

和菓子職人だった祖父が私のために作ってくれたシュークリームです。レシピノートを見ながら作ってくれました。和菓子じゃないのにレシピを持っている祖父にビックリしたしすごくおいしかったので2度ビックリ!サクッとした皮でカスタードクリームもおいしかったです。なんでもできるおじいちゃんだと子供心に自慢に思ったものです。祖父が亡くなってから自分でも作りますが全然あの味には及びません。あの手書きでびっしり書かれたレシピノートを受けついておけばよかったとひそかに後悔しています。

 
和菓子職人のお祖父様、小豆を炊いたり、きれいな和菓子に仕上げたりする姿を想像するだけでも格好いいなぁって思います(^^v
そして、そのお祖父様がもちもちころさんの為に和菓子ではなくシュークリームを作ってくれた、という点がすっごくすっごく素敵です♪
手書きのノートはどなたかが引き継いでいらっしゃるのでしょうか。でないとあまりにもったいない!
もちもちころさんのお祖父様が作って下さった思い出の味にグッドエピソード賞をお贈りします(^^b

2015年7月テーマ『思い出の味、と言ったら・・・?』 【すずらん】さんより

思い出の味といったら、母が作った「だご汁」です。野菜や鶏肉、椎茸、小麦粉で作っただごなどが入った具だくさんの味噌仕立ての汁ものです。無性に食べたくなる時があり、自分で作ってみるんですが、母の味とは何かが違う?母に調味料の分量を聞いたんですが「目分量だからね。やっぱりこればっかりは何回も作って失敗しながらこの味っていうのを覚えるしかないね。」と言われてしまいました。その母も昨年亡くなってしまったので、母の味は2度と食べられなくなりましたが、今はだいぶ母の味に近づけたような気がします。この味を私から娘へ、孫へと伝えていきたいと思っています。

 
こちらでいうところの「すいとん」の様なものなのかなぁ、と想像しています、お母さまの「だご汁」(^^)
具だくさんの、いろいろな素材からいいだしが出て、それを吸っただごはとってもおいしそう♪
家庭料理の難しさは調味料はこれこれ、ときっぱり言えないことですよね。その時々に家にある材料で作るし、分量も家族の人数や材料によって変わって来る、やはり長年の経験値がものをいうのでしょうね!
すずらんさんの「だご汁」もだいぶお母様の味に近づいてこられたとのこと、きっとお嬢さんにとってもお母さんの味、として残っていかれるのでしょうね!
すずらんさんとお母様の「だご汁」にグッドエピソード賞をお贈りします(^^b

2015年7月テーマ『思い出の味、と言ったら・・・?』 【はなみ】さんより

思い出の味と行ったら母が行事がある度に作ってくれた巻きずしです。
遠足、運動会、誕生日にはいつもありました。
母が作るのを横で見ていてつまみ食いするのも楽しみでした。

 
巻きずし、最近は市販されているものを購入する方も多くなっているのでしょうが、昔は家で作ることが多かったですよね!(^^)
私も小さい頃はよーく台所に立つ母のそばにまとわりついて、料理の端っこやちょっとした残り物をポイッと口に入れてもらったものでした。それが何とも楽しみで♪ 何だかとっても懐かしくなってきちゃいました! 
そんな温かいはなみさんとお母様の巻きずしの思い出にグッドエピソード賞をお贈りします!

登録件数:【248】/ page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42