フィッシュケーキクラブ

紀文食品ウェブサイトへ

こんにちは ゲスト さん!

『おしゃべり投稿』にお寄せいただいた投稿の中から、
築地みさえが選んだ今月のピカイチ“エピソード” をご紹介します♪ 選ばれた方には3,000円相当のプレゼントもご用意。みなさんもぜひ挑戦して下さいね!
※『おしゃべり投稿』へのご参加は、フィッシュケーキクラブへの会員登録が必要です。
 ご投稿に関する規定   → プライバシーポリシー

グッドエピソード賞はこちらから

2006年3月テーマ『私の健康法』 【ゾウアザラシ】さんより

「私の健康法」5年前に原因不明の高熱から体調不良になり、体重が激減しました。化学療法で治療のしようがない為、漢方薬で治療をしながら、食事もろくに取れない状態で、唯一食べれたのがキムチでした。在日韓国人の方が手作りされているキムチを毎日食べ続けて、少しづつ快方に向かい、今では脂っこい物以外は何でも食べれるようになり、体調も9割方復調しました。現在も夕食には必ずキムチを食べています。常食しているせいか臭いも浄化してしまいます。恐るべし韓流パワー!

 
ゾウアザラシさん!原因不明の高熱、本当に大変でした。回復されて本当に良かった!!
やっぱり、本場のキムチには、いろいろな材料・香辛料が使われているから、漢方薬と同じ様な効果が得られたのかもしれませんね。人間の体って、本当に必要なものは、わかるんだなぁ・・・と実感しました。
9割方復調、とのことでしたが、一日も早く全快なさるよう、お祈りしております!\(^0^)

2006年2月テーマ『私の選んだヒット商品』 【ねここつ】さんより

我が家のヒット商品は、魚河岸あげです。1才になった双子の息子達は、ただ今離乳食完了期に突入中!そんでもって卵アレルギーときた。いろいろな食材を食べさせてあげたいけど意外と卵が入っているものが多くて困っていたら、この魚河岸あげプレーンは卵が入っていなかったので早速購入。醤油だしであっさり野菜と煮込んであげたら、二人ともかぶりついて食べてくれました。私たち大人が食べてもおいしく以来毎週、買ってきては、いろいろな味付けで食べてます。おでんの具材にしても最高においしかったです。双子の食事を用意するのは一苦労だけど楽しくいろいろな食材を食べれるように日々食品表示を見ながら双子が食べれる食材を探してます。

 
私にとっても、数ある紀文商品の中で、『魚河岸あげ』は大好きな商品の一つ。
その『魚河岸あげ』が、卵アレルギーのお子様にもお役に立てている、なんて、新しい価値に気付かせて
いただいたようで、本当にうれしかったです(^^)♪
双子ちゃんのお食事作り、大変だとは思いますけれど、頑張って下さいね。ねここつさんの日々の頑張りは、
必ずお子様達に伝わると思いますよ\(^0^)v

2006年2月テーマ『私の選んだヒット商品』 【たあこ】さんより

私のお気に入りは「屋久島のたんかん」です、3年前に食べてからやみつきになってしまいました、皮を剥くと部屋中に広がるなんともいえないかんきつ類のさわやかな香りがして、味わってまた最高で今年もまたたんかん探しにおおわらわです。

 
たあこさんのご投稿を読ませていただいた後、スーパーで買い物をしていたら、何と!『たんかん』が売っていて、早速購入致しました♪香りも強く、味もはっきりしていて、たあこさんのおっしゃる通り、とってもおいしかったです(^^)時々入っている種も、何だか自然な感じ、懐かしい感じでした。
特に、無農薬がおすすめとか・・・もう今年はそろそろ終わりの時期とのことですので、まだ未体験の皆様、ぜひ、
来年お試し下さいな。

2006年1月テーマ『2006年・私の夢』 【アメリカンフリーク】さんより

"私が小学生だった頃、洋画好きの母と共によく映画館に行ったものです。中学校に入ると英語に興味をもち始めました。
今は名前が定かではありませんが“seventeen""というアメリカ直送のファッション雑誌を取り寄せたり、当時ペンシルバニア州に住んでいるアメリカ人の同世代の女の子と手紙を交換するようになり20歳頃まで続けていましたが私の英語力の限界を超えるとその頻度も少なくなりいつの間にか途切れてしまいました。
その後私は結婚しアメリカに対する憧れは行動や言葉として体現することはありませんでしたがいつもアメリカの国は心の片隅に小さな輝きになって存在してた様に思います。
ある時、夫に米国勤務辞令がおりました。当時インテリアコーディネーターとして大手企業で誇りを持って仕事をしていました私は帯同として渡米することやこの年齢で好きな仕事を辞めると復職できないだろうという考えがありましたのでその時の口惜しさを思うと今回不意を付かれた様な突然の状況に嬉しさよりも大きなためらいの方がまさっていました。
が、半年間熟慮した結果、私自身の心の奥にある意志を確認しました。今、まさに長年心に秘めた夢を実現する大きなチャンスでもあるのだ、という事です。50代になろうとする寸前、人生のセカンドステージともいえるこの機会を逃してはならない、明日からの私の新しい人生を創っていこう!と意を決して夫渡米の半年後アメリカの地を目指し単身飛び立ちました。
滞米生活はわずか2年余でしたが夫と2人の考えで日本人との交流は極力避け現地人との交わりをメインにした生活を大切に大切に暮らしました。その日々は10年に匹敵するほどの有意義さと充実した暮らしだったと振り返って思います。
帰国後の現在、夢というよりも近い将来の2人のヴィジョンに向かって、先ずは米国永住権取得の申請を毎年しています。と同時にその夢の日に向かって日本語教師としての勉強とボランティアで絵手紙や習字など、簡単な日本文化の一片なりとも彼の地の人々に伝えたい、という希望を持ってその日の来る事を楽しみに待ち続けています。Dreams come true!"

 
アメリカンフリークさんのエピソードからも文面からも、夢を追求する姿勢の素晴らしさとパワーを感じました!
実は、アメリカンフリークさんからは、この後もメールをいただき、「夢を持つことは人生を歩んで行く上の羅針盤。
辛い事があっても、夢を持つ限り、それは実現の為の通過点」(勝手に引用、短縮してごめんなさい!)とのお言葉を送っていただきました。
日頃、気持ちがぐらぐらしがちの私、本当に本当に感動しました。今もその文面をプリントアウトしたものを机の前に貼っております。アメリカンフリークさんのこれからも続く素晴らしい夢にグッドエピソード賞をお贈りします(^^)!

2006年1月テーマ『2006年・私の夢』 【たまご】さんより

私の母は、14年前に、交通事故に会い、今まで寝たきりの生活。14年間ずっと、施設での生活。母は、動けない苛立ちを人に当たることもなく、どこまでも、穏やかな母です。昨年の年末、60歳を越した母の口から、「ちょっと、大変やけど、みんなで、一回でいいけん、旅行に言ってみたいね」との言葉が出ました。母の言葉に、親子旅行に、今まで、行ったことがなかったことに気がつきました。2006年の今年は、母の夢「みんなと一緒に旅行に行くこと」をかなえたいと思っています。車椅子での移動は、寝たきり生活だった母にとっては、随分と負担になると思いますが、それ以上に、母が楽しめる旅行のプランを検討中です!!

 
たまごさんのお母様は、思うように動くことはできなくても、その優しいお人柄で、ご家族に素晴らしい夢をもたらす
幸せの素、のような存在でいらっしゃるのですね(^^)
今年、楽しい家族旅行が実現すること、私は信じております!!
だって、たまごさんとお母様、そしてご家族が一緒ならば、どこへ行っても、楽しい旅行にならないわけがない!
という気がします。うんと楽しんで来て下さいね♪

2006年1月テーマ『2006年・私の夢』 【いたりあ】さんより

音楽が好きでずっと小さい頃からピアノの先生になりたいと思ってました。でも大学は音大ではなかったです。でもピアノ、電子オルガンはずーっとならってました。ある時教室の責任者に呼ばれて、是非先生の試験を受け、ここで教えて欲しいといわれました。ラッキーと思い全力を尽くして試験に合格しました。以来30年以上、音楽の好きな子供たちに、ピアノを教えています。

 
たったひとつでもいい、自分の好きなことを見つけたい!見つけて欲しい!って、自分のことも、また自分の子供に対しても思いますよね。
いたりあさんの様に、“ピアノが好き”という気持ちを持ち続け、実際に努力し続けていくことで夢が現実のものになるって素晴らしいと思います。ただ思っているだけ・・ということ多いですものね。やっぱり、夢を実現する方って、並大抵でない努力をなさっている方だと思います。
実は、最近になって上の子がピアノを習いたいと言い始めました。いたりあさんの様な先生にめぐり合えればいいなぁ、と思います♪

登録件数:【254】/ page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43