フィッシュケーキクラブ

紀文食品ウェブサイトへ

こんにちは ゲスト さん!

『おしゃべり投稿』にお寄せいただいた投稿の中から、
築地みさえが選んだ今月のピカイチ“エピソード” をご紹介します♪ 選ばれた方には3,000円相当のプレゼントもご用意。みなさんもぜひ挑戦して下さいね!
※『おしゃべり投稿』へのご参加は、フィッシュケーキクラブへの会員登録が必要です。
 ご投稿に関する規定   → プライバシーポリシー

グッドエピソード賞はこちらから

2009年6月テーマ『ヘン? 納得? 『これぞ我が家の法則』』 【菜々子の母】さんより

土曜・日曜限定!
お風呂に入った際、必ず何か掃除をする。
という決まりになっています。

例えば、子供なら簡単に出来る洗面器を洗うとか、
大人なら壁をこするとか、、、
掃除が終わってお風呂から上がった後、
必ず誰かのチェックがはいります。

おかげで、わが家のお風呂はいつもピカピカ。
子供にも掃除をする癖がつき、
とても喜んでいます。

 
この菜々子の母さんのエピソードは、読ませていただくなり、うーんとうなるほど感心してしまいました!ホントに素敵な習慣ですよね(^^)b
もっと早く伺いたかった! とも思いました、子供がもっと素直なうちに・・・(^ ^;)ゞ
土日限定、というところがまた重すぎず、いい感じですよね♪
こんな素敵な法則を思いつかれた、菜々子の母さんご一家に、グッドエピソード賞をお贈りします!

2009年6月テーマ『ヘン? 納得? 『これぞ我が家の法則』』 【minako】さんより

カレーは家族全員が大好きなお料理です。母特製のカレーは具沢山であるときは牛肉、あるときはシーフードと隠し味も色々あったようで美味しかったです。また食べ方も我が家では卓上コンロに大きなホウロウ鍋いっぱいのカレー。平皿にご飯だけよそってもらい、カレーは自分でかけて食べていました。だからカレーの日は前日から連絡があり、必ず時間までには帰宅していました。もちろん目いっぱい空腹にしてです。「今夜は家カレーだからもう帰る。」は友人には理解されませんでしたが、素敵なおいしい法則!

 
お友達には理解されなかったとのことですが、「今夜は家カレーだからもう帰る。」という、
そのminakoさんのお宅のカレーへの取り組みと情熱に、グッドエピソード賞を贈りますd(-_^)good!!
こんなにも、食べることに一生懸命になれるご家族、大好きです!
おいしくって、しかもとっても幸せな法則、だと思います♪(^^v

2009年5月テーマ『行楽シーズン! 私のお弁当の思い出』 【チビ】さんより

初めてお弁当を作ったのは15年以上前。当時付き合っていた彼がドライブに連れて行ってくれると言ったので、お弁当を持参しようと思ったのです。料理をした事がなかったので、レシピ本を見ながら前日にお買い物をしました。当日キッチンでゴソゴソしていると、母が「何してるの?」と聞くので、事情を説明してコレを1時間で作りたいとレシピ本を見せました。「下ごしらえも無しで1時間なんて無理」と言われかなり焦っていると、「手伝うから急いで」と言ってくれました。何とか完成したお弁当を彼は「とても美味しい」喜んでくれました。3分の2以上母が作ったとは言えませんでした・・・

 
ほとんど料理をしたことがなかった頃に思い立ってしまった(?)彼の為のお弁当作り。チビさんが「あと1時間で作る」とおっしゃった時のお母様のびっくりされたお顔が目に浮かぶようです。
でも、初めてだからこそ、のチャレンジメニュー。お母様の助けが必要だったとはいえ、結果オーライ! 彼も喜んで下さったのだからd(-_^)good!!ですよね♪ そこからお料理の勉強スタート! とはなったのでしょうか?(^^)

2009年5月テーマ『行楽シーズン! 私のお弁当の思い出』 【わさび】さんより

専門職で24時間体制で勤務していた主人の母は
忙しく、外食がほとんどだったようで
「母の味を知らないんだ。」という主人。
結婚前にお弁当を作ってあげたら大喜び。
なんてことはない普通のお弁当だったのに
「ふたを開けた時に、家庭の匂いがした♪」と・・・。
その時、ずっとずーっとこの家庭の匂いを
この人にあげたいなぁと思いました。

今日も、お弁当を持って雨の中出勤していきました。
大好きな鶏の唐揚げとちくわキュウリを入れたから
ご機嫌で・・・。

 
食事、というのは大なり小なり家族を形成する上で重要な役目がありますよね。
責任のある立派なお仕事をされていたお母様のことを理解しつつも家庭の味に憧れていたご主人、そのご主人の為にずーっと家庭の味を感じさせてあげたい! と思ったわさびさん。
毎朝手渡すお弁当やお食事がお二人の幸せの象徴のようで、幸せがそこら中にあふれているご家庭のようで、とっても素敵です♪(^^v
これからも愛情いっぱいのお弁当で、お幸せなご家庭を築いていっていただきたい! そんなわさびさんご夫婦にグッドエピソード賞、お贈りします!

2009年5月テーマ『行楽シーズン! 私のお弁当の思い出』 【のりのりのり】さんより

主人が子供3人を連れて、ドームに巨人戦観戦に。
私は張り切ってお弁当4人分作りました。
まだあんよの子もいたので、お弁当はお兄ちゃんの担当。
ところが、ところが
水道橋で降りたのに、お弁当はそのまま東京駅まで。
残念ながら、食べることはできませんでした。
あのお弁当どうなったのかなー。

 
食べられなかったお弁当の思い出・・・そんな切ないお弁当もあったのですねぇ(´ヘ`;)
作ったのりのりのりさん、お弁当を任されていたお兄ちゃん、お子さん3人をお一人で野球観戦に連れて行ってくれたご主人、
それぞれの「あ〜あぁ」という思いと、相手を思いやり合うお気持が伝わってくるようです。
切ないけど、ご家族の貴重な思い出となったそのお弁当にグッドエピソード賞をお贈りします♪(^^v

2009年3月テーマ『"心に残る卒業の思い出、○○からの卒業"』 【しーな】さんより

弟の中学校の卒業式。母が事故で入院中、代わりに私が式にでました。私の母校でもある中学校は懐かしさとよそよそしさで一杯で。当然20歳にもなってない家族が1人で式に来てる人もおらず。そんな時在学中ほとんど話したこともない学年担当の先生が声を掛けてくれ、その上弟のことも知っていてくれた事に感激。誰も見てないと思うような地味な生徒だったのに誰かが見ていてくれるんだな?と感激した卒業式でした。

 
お母様の事故、そのお母様の代理として弟さんのハレの舞台である卒業式への出席、本当にしーなさんにとって緊張の連続だったことと思います。でも、先生方はちゃーんとしーなさんのことも弟さんのことも気にかけていて下さったのですね。そんなことに気づかされたとっても素敵な思い出ですね。
弟さんも、素直に表現されたかどうかはわかりませんが、きっと心の中でお姉さんに感謝されていることでしょうね!?(^^b

登録件数:【254】/ page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43