フィッシュケーキクラブ

紀文食品ウェブサイトへ

こんにちは ゲスト さん!

『おしゃべり投稿』にお寄せいただいた投稿の中から、
築地みさえが選んだ今月のピカイチ“エピソード” をご紹介します♪ 選ばれた方には3,000円相当のプレゼントもご用意。みなさんもぜひ挑戦して下さいね!
※『おしゃべり投稿』へのご参加は、フィッシュケーキクラブへの会員登録が必要です。
 ご投稿に関する規定   → プライバシーポリシー

グッドエピソード賞はこちらから

2009年9月テーマ『思わずグッときた○○さんからの一言』 【ドニャ明日る】さんより

「高校3年生の時の担任」からの一言
高校の卒業式の日、体育館での式典を終えてから、各自の教室で担任から通知表を一人ずつ受け取る。その際に、一言くらい何か声をかけてくださる。私の番が来た。担任は、「本当にクラスをよく纏めてくれました」と労ってくれた。感無量の想いで胸がイッパイになった。

 
学生時代の良い先生との出会いは、本当にその後の人生に大きく影響したりしますよね。
ドニャ明日るさんがクラスをまとめるために奮闘されていたのは決して先生の為ではなく、ただただ一生懸命されていたのだと思いますけれど、どこかで大人がその姿をしっかり見ていて下さり、認めてくれていた、という思いは若者にとってすごく大きな意味のあることですよね。
でもそんな素敵な先生との出会いは、ドニャ明日るさんの行動があってこそ、まさに出会いなのでしょうね(^^v

2009年9月テーマ『思わずグッときた○○さんからの一言』 【ままひめ】さんより

娘に「ママの特技ってなあに?」と聞かれて「何も無いかもー」と自分でも情けなく答えた私。そこで娘が「料理でしょ?」と言ってくれたことにビックリ。決して自分では得意ではないと思っていたケド子供にとっては毎日している料理が得意なことに見えたのかな?でもとても嬉しかったです。

 
子供って、常に直球の言葉を投げつけてくれる分、時々すっごく勇気づけられたりしますよね。
お嬢さんの言葉通り、ままひめさんのお料理はご家族にとってはすごくおいしい料理なんですよ♪そしてお料理が得意なお母さんが大好きなお嬢さんなんですよね。
とても素敵なお嬢さんとのエピソードにグッドエピソ−ド賞をお送りします(^^v

2009年9月テーマ『思わずグッときた○○さんからの一言』 【ゆいゆいまーる】さんより

私は持病を持っていてよく入院していたのですが、その病棟には消化器系の人、腎臓系の人、神経系の人達が集まっていました。
そこで出会った友達が消化器系の病気であまりご飯が食べれない人でした。ぜんぜん食べれなかったわけではなかったので私はあまりなにも考えずに接していました。
退院して一緒に遊びにいた時も普段と変わらない態度だったのですが、その日その人に言われたのです。
「○○ちゃんは私が食べれないからって気を使ってきたりしないから一緒にいて楽なんだ」
そんなこと考えてもいませんでした。
きっと今までいろいろ苦労してきたんだなぁと思いグッと来てしまいました。
いまでも友達ですが、いつもと変わらない私でいます。

 
一緒にいると楽、友達として最高の言葉ですよね♪
お友達にとってゆいゆいまーるさんはいつも自然に接してくれる、心がほっとする存在だったのでしょうね。
辛い時期を共有なさって来たお友達とは、これからもずっと素敵なお友達でいて下さいね!

2009年7月テーマ『もし、どこでもドア&タイムマシンがあったら?』 【しぃ】さんより

子供に戻ってまじめに勉強する。

 
シンプルながら、なんだかとっても共感してしまいましたので、グッドエピソード賞、贈らせていただきます(^^v
でも、タイムマシンで戻るにしても、今のこの記憶をとどめたまま、子供時代に戻らないと、また同じことを繰り返してしまいそうですけれど・・・。
私も子供時代からもう一度、やり直してみたいです♪

2009年7月テーマ『もし、どこでもドア&タイムマシンがあったら?』 【kame】さんより

若かったころに勤めていた職場に戻りたい。子育てにひとくぎりがついて、求人を見ても記載はされていないけれど年齢制限や経験者求むばかり。仕事はまた見つければいいと辞めたのが悔やまれます。経済的にはトントンだったとしても&しんどくても働きながら子育てすべきだった・・・。若い人に職がないのは社会不安を招くけれど、働きたいすべての世代に職が見つかる社会ならもっと良いのにと切実に思います。

 
子育てと仕事、女性にとっては永遠のテーマですよね。自分の手で育てたい、でも仕事も続けたい、わがままなのか当然のことなのか、一度仕事を手放すと、なかなか次が見つけられないこの時代にあっては特に難しくなってくる問題です。
今まさにそんな悩みの真っただ中にいらっしゃるkameさんに、グッドエピソード賞をお贈りいたします。
なかなか思うようにならないこの世の中ですけれど、きっと少しずつでも良い方向に向かっているはず、そう信じて頑張りましょう!

2009年7月テーマ『もし、どこでもドア&タイムマシンがあったら?』 【まめ】さんより

どこでもドアがあったら・・・多分そんな遠い所には行かないです。友達と遠くへお出かけする時は、その過程が1番楽しかったりしますからね☆朝寝坊し弁当作ってたら授業遅れちゃう!!って時に使うくらいで十分です(笑)
タイムマシンがあったら・・・3年前に戻ります。姉ちゃんが美容師見習いとして働き始めた頃、はじめてカットを褒めてくれたお客さんに六花亭のクッキーをもらってきました。そんな大事なものだとは知らずに、冷蔵庫にあった六花亭のクッキーを小腹が空いた僕は食べてしまいました。もちろん姉ちゃんは「何で食べたの!!」とカンカンでした(汗)
3年前に戻って、自分が何気なく冷蔵庫を開けようとする前にテーブルの上にそっと違うお菓子を置いておきたいです。当時の自分よ!勉強お疲れさん!小腹が空いただろうが、冷蔵庫だけは開けてくれるな〜(><)

 
まめさんのタイムマシンの活用法、本当にかなえさせてあげたい! と思える説得力? をものすごく感じてしまいましたので、グッドエピソード賞をお贈りします!(^^v
まぁ、お姉さまはもう怒っていらっしゃらないとは思いますけれど、まめさんが今でもあの時、あの冷蔵庫の中の六花亭のクッキーを食べてしまったことをこんなに悔やんでいる! ということがわかったら、逆にすっごく感激して下さるかも!?(=^0^=
そんなきっかけにでもご活用いただけたらうれしいです♪

登録件数:【248】/ page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42