フィッシュケーキクラブ おうちで楽ちん ちゃんとごはん フィッシュケーキクラブへ

我が家の定番!使いこなしメニュー
 揚ボール

あったか汁もの弁当

寒い季節は保温ランチボックスをフル活用。コロコロ揚ボールのあったかパワーランチで午後も元気に!

あったか汁もの弁当
材料(1人分)
揚ボール 5個
人参 1/4本
玉ねぎ 1/4個
じゃがいも(小) 1個
ミニトマト 5個
にんにく 1かけ
オリーブ油 小さじ1
400cc
固形スープの素 1個
塩、こしょう 少々
  1. 人参、玉ねぎ、じゃがいもは1cm角、ミニトマトは半分に切る。
  2. 鍋にオリーブ油とつぶしたにんにくを入れて火にかけ、にんにくの香りが立ってきたら人参、玉ねぎ、じゃがいもを炒める。全体に油が回ったら水と固形スープ、ミニトマトを加え、アクを取りながら15分ほど煮る。
  3. 野菜が柔らかく煮えたら揚ボールを加え、さらに5分ほど煮て、塩、こしょうで味を調える

揚ボールときのこのスープ

揚ボールとおでん汁の素で作る簡単スープで、時短だけどしっかり朝ごはん。生姜が味のアクセント。

揚ボールときのこのスープ
材料(2人分)
揚ボール 1袋
しいたけ 1パック
しめじ 1パック
生姜 1かけ
ごま油 小さじ1
400cc
おでん汁の素 小さじ1
小さじ1
長ねぎ 適量
少々
  1. しいたけは薄切りに、しめじは石づきを取って小分けにする。生姜はせん切り、長ねぎは小口切りにする。
  2. 鍋にごま油を熱して生姜を炒めて香りを出してから、しいたけ、しめじを加えてさらに炒める。水、おでん汁の素、酒、揚ボールを加えて沸騰したらアクを取り、10分ほど煮る。
  3. 味を見て足りないようなら塩少々を加えて調える。器に盛って長ねぎをのせる。

揚ボールとなるとのチーズ鍋

洋風だけど和風のクセになる味。ホワイトスープに浮かぶピンクの渦巻きがかわいい!しめはスープを残さずおじやで。

揚ボールとなるとのチーズ鍋
材料(2人分)
揚ボール 1袋
姫なると巻 1/2本
白菜 1/8株
長ねぎ 1本
えのき茸 1パック
400cc
昆布 5cm
味噌 大さじ2
クリームチーズ 45g
  1. 姫なると巻は1㎝厚さに、野菜は食べやすい大きさに切る。
    鍋に水を入れ昆布を30分ほど浸す。
  2. クリームチーズを耐熱容器に入れ、電子レンジで柔らかくして味噌を加えてよく混ぜる。
  3. 鍋を弱火にかけ、沸騰する前に昆布を取り出す。
    (2)のチーズ味噌を溶かし入れ、野菜、揚ボール、姫なると巻を加えて野菜が柔らかくなるまで煮る。
    ※吹きこぼれないよう火加減に注意しましょう。

「おいしさの彩り」

安心安定の色で心とからだに癒しを

寒い季節のはじまりは、温かい煮物や鍋が恋しくなるもの。とりわけ、茶色く温かいものにはほっとしたり、安心感をいだいたりしますね。
茶色は、安心と安定の母なる大地の色。決して派手ではなく、主張もしませんが、逆を言えば飽きることのない、そこに戻りたくなるような、温かみを持つ色でもあるのです。
おふくろの味に茶色のものが多いのは、偶然ではないように思います。

さて、あったか料理といえばこれ!今晩はおでんの食卓を囲みながら、心とからだをほっこりと温めませんか。安心と安定の味と色に癒されて、また明日から大地に根をはって頑張る力がチャージされるはず。

(COLORFUL FOODING 成瀬紀子)

9月のオススメレシピ!

おうちごはんの過去のレシピです。左右の    をクリックすると他のレシピを見ることができます。

  • 野菜たっぷり焼きビーフン
  • マリーン®と銀杏のほっこりスープ
  • コラーゲンぷるぷる 水炊き
  • 姫とうふの巣ごもりサラダ
  • 塩辛チャウダー
  • 焼きちくわのエスカルゴ風
  • 焼ちくわとエリンギのとろろグラタン
  • つみれのミネストローネ
  • マリーンと大根の温サラダ
  • さつま揚げの煮なます
  • 焼ちくわとれんこんのメンマ炒め
  • ヘルシートムヤム麺

カテゴリからレシピをさがす

過去のレシピからさがす

  • 2011年のレシピ
  • 2012年のレシピ
  • 2013年のレシピ
  • 2014年のレシピ
  • 2015年のレシピ